絶対に失敗しない結婚式

よくある結婚式の失敗談を知っておくと、どういったものが失敗する元になるのかが分かります。

結婚式の前準備は一ヶ月前までがギリギリのラインなのですが、切羽詰ったスケジュールになってしまって、後々になって後悔してしまう式の内容になってしまう事が多いです。

結婚式の予定日の3ヶ月まから準備しておくことが鉄則です。

大慌ての式は招待した人にはバレバレで、大きな恥をかく事になってしまいます。

自分がやりたいことを実際に可能なのかを調べる時間が必要となります。

シンプルな結婚式もいいですが、想い出に残るものにしたい人は3ヶ月前からの準備ではなく半年前から準備しておきましょう。

完璧なメニューであっても発注ミスが起こることケースもあります。

不足な自体は予想することが難しいです。

ただ、そういったミスを無くすものは、準備期間を多めにとることで問題を解消することができます。

招待する人たちが不快にならないような式を挙げるためにも、料理の好き嫌いや会場の雰囲気を両親または親戚などから聞いておくといいでしょう。

結婚式を体験したことがある人の話を聞くと失敗しない結婚式が見えてきます。

過剰な演出をしないことです。

コストがかかってしまうことがありますし、招待客を白けさせる演出となることもあるのでこった演出は新郎新婦の自己満足です。

結婚式は式をあげる夫婦のものですが、実際には両家の親族のことを重視しないと後々トラブルになるケースがあります。

結婚式の式場選び、ウェディングプランの作成、衣装選び、招待する人の厳選等々、やることは沢山あります。

全て任せてしまうと面白みのないプランになってしまったり、費用が高くなってしまったります。

最近、式を挙げたことがある人の意見を聞いてみましょう。

海外もいいですが、近場であげるのもいいです。

海外を式場先にすると費用が安くなりますが、親族に高齢な方がいる場合では負担をかけることになります。

両家が納得できる式場を相談しておくことは非常に重要です。

招待される親族の交通費は高くなってしまうと呼べる人数が減ってしまい寂しい式になってしまいます。

Comments are closed.